情熱人.jp 自分の行き方探せます!
Jounetsunin Mobile
http://jounetsunin.jp/mb
 
日本の未来を担う若者が夢や希望を持って働ける社会にしたい。これが情熱プロジェクトの想いです。
情熱人SNS   情熱人を見る   取材記事 
ID Pass
検索する
取材記事
メッセージを送る
睫據“樹 Takagi Miki
プロフィール 大切にしていること
ドックサロンTALL TREE. 代表
http://www.talltree.jp/
Message
私は、若い頃、人生を選ぶのが不安でした。
選んだらその選んだ方に決まってしまうと思っていたんです。
でも大切なのは、“自分の気持ちがどこを向いているのか”だと思います。
それをしっかり自分自身で理解して、その為に今何をするべきなのか?ということをしっかり考えれば、一歩前に進んでいくと思います。
不安がらないでどんどん行動していって欲しいですね!
Message
Article
取材記事
 
はじめに ドックサロン TALL TREE.
 「ワンちゃん達の笑顔が見たい!」そんな想いでドッグサロンをオープンさせました。
トリミング、ホテル、デイケア、フードを通じて、ワンちゃん達がいつまでも元気で、幸せに暮らしていけるようにサポートさせて頂いています。
猫やいろいろな動物のカットをしているお店もありますが、自分がこだわる業種を極めていくことが必要だと思っているので、犬のカットやシャンプーに特化してお店をやっています。

 お客様に「ありがとうかわいくなった」って言われたら本当に嬉しいですね。
今のところ、売り上げもだんだん上がっていっているので、地域や、社会に必要とされているんだと思っていますが、自分自身のスタンスとして、「売り上げが下がったら社会に対して必要とされていない」ということを思っています。
でも、自己満足だけではなく、本当に必要とされたいので、常に「自分のやっていることが社会に必要とされているのか?」ということを確認しながら行動していきたいと思っています。

 冒頭で、「業種を極めていきたい」と言いましたが、ワンちゃんの美容院という業種にこだわっているのではなく、“ワンちゃんの為になること”をやっていきたいということが一番の想いです。
だからもし、美容室という業種が社会から不必要とされても“ワンちゃんの為になる仕事”を探し、表現したいと思っています。
 
ステップアップ1 友達とバーベキュー ワンちゃんとの出会い
 もともとは静岡県の出身で、子どもの時は普通の人と変わらない生活を送っていました。
そして建築士を目指す為に、岐阜の建築の大学に進学し、一人暮らしをしていました。
毎日のように飲んで騒いで、遊びまくって、いろんな人に会っていて、ただ楽しいことだけをしている。そんな毎日でした。
遊んではいましたが「建築士を目指す為」と、目的もしっかり明確だったので勉強もそこそこにしていて、就職活動では不動産会社へ内定を貰いました。

 内定も決まって、後は卒業するのみという時期に、友達とみんなでバーベキューをすることになったんですね。
バーベキューの資材をそろえる為に、ホームセンターに行ったんですが、そのホームセンターにはペットショップありました。
ワンちゃんが可愛かったのでショーケースを見てたら、店員さんに「抱っこしますか?」って言われて抱っこさせてもらったんです。
何を思ったのか、抱っこさせてもらった瞬間に、「一人暮らしでペットもいたら優雅かも?」と思ってしまって、「この子飼います!」という軽い感じでワンちゃんを飼うことになりました(笑)
 
ターニングポイント1 「何をしてあげたらいいんだろう?」内定辞退
 そして、初めてペットと暮らす生活が始まったんですが、一緒に生活するにつれてワンちゃんが大好きになっていきました。
でも、好きになるにつれて「私はこの子に何をしてあげられるんだろう?」と思うようになりました。
何かをしてあげたいけど、何をしてあげたら良いのかわからない。
服を着せてあげたらいいんだろうか?食べ物は何を食べさせてあげればいいんだろう?と、「何かをしてあげたい」という想いは少しづつ神経質な悩みとなってしまっていました。

 そしてその想いはいつしか、「ワンちゃんの為に何かしてあげられる人にならないと」と思うようにまで膨らんでいました。
そして、その想いは、建築士になることをやめるという決断にまで至ります。
「さぁ!もうすぐ就職だ!」という時期でしたが、内定辞退の連絡をしました…(笑)
でも、内定先の方は「よほどの事があったんだろう」って何も聞かないではくれましたけどね(笑)
 
ステップアップ3 トリマーの学校へ
 そして、「とりあえずワンちゃんに関われる会社に入ろう!」と思い、犬関係の会社に就職しようと思いました。「面接をして欲しい」とワンちゃんのアパレル会社やペットショップを訪ねたんですが、当時の私は何の資格も持っていなくて、ただ「犬が好きなんです!」というだけの人だったので門前払いでした(笑)
それで「知識の無いままじゃ駄目だ」と思って、ちゃんと実力をつける為にトリマーの学校行く事にしました。
トリマーの資格を取ったらどこかの会社が雇ってくれるだろうという淡い期待を持っていたんですねぇ。
結構単純ですけどね(笑)

 決断をした時は、トリマーの学校の入学に間に合わなかったので、10月から入学できる学校に行く事にし、それまでは学校の資金を集める為にアルバイトの日々でした。
そして10月になり、名古屋のトリマーの学校に入学し、2年間学校に通うことになります。
 
ターニングポイント2 鬱状態 自分自身の答え
 学費も稼がないといけなかったので、夜の仕事をしたり、トリマーのバイトをしたりと、学校とアルバイトの日々を送っていました。
トリマーのアルバイトは最初“ワンちゃんの為に”という想いで仕事をしていましたが、働いて仕事に慣れていくうちに、作業をただ“こなす”だけになってしまっていた事に気付きました。

 そして、自分自身いったい何をしたいのかわからなくなってしまいました。
「ワンちゃんの為に何かしたいって言っているのに、何も出来ていない」と自問自答を無意識にしてしまっていたんです。
一時、鬱状態でもあったと思います。
それを母親に相談したら、「嫌になったらすぐに辞めて帰ってきたら良いよ。」と言ってくれました。
それを聞いた瞬間、今迄自分にのしかかっていた負担が全て取り払われたような気がして、自分の中で「私は何をしたいんだろう?」と純粋に問いかけることができたんです。

 そして、出てきた答えは、「本当にワンちゃんの事だけを考えたお店をしたい」という想いでした。
 
ステップアップ4 お店をオープン
 アルバイトしながら、学校に行き、1年間かけていろんな雑誌を見たり、いろんな人と会って話を聞きながら、お店の構想を練っていきました。
そして、「後半年で卒業!」って時に滋賀の彦根にお店をオープンしてしまったんです(笑)
でも今迄みたいにノリや勢いでも行動じゃなくて、アルバイトでお店の資金も貯めていたし、パンフレットとかチラシもちゃんと準備してからのオープンです。
というか、準備を万端にしてしまって「早くお店をオープンしたい!」って思ってしまったんですよ(笑)

 そして、滋賀の彦根でお店をしながら、名古屋の学校に週一で通う生活がスタートします。
っと、順風満帆にスタートしたと思われるかもしれませんが、オープンしてからす数ヶ月は毎日吐き気がしましたね…(笑)

 滋賀の彦根にお店を出そうと思ったのも、結婚しようとおもっていた人が彦根だったからということで彦根に決めていたんですが、オープン前に別れてしまったんです。
だから、身寄りも知り合いも全くいない、滋賀の彦根という土地でのスタートだったので心細くなって「本当にやっていけるのかな…?」と思ってしまっていました。
 
ステップアップ5 総合的なケアをするドッグサロン
 お店を始める時には想いはぶれずに持っていたいと思ったので、「カットするだけじゃなくて犬の総合的なケアをする」という事を理念にしたお店にしました。
例えばお客様から「こういうカットにして欲しい」という要望があっても、そのワンちゃんの事だけを考えて、カットをします。
ワンちゃんのことを考えて本当に適切な長さにカットしますし、お客様の要望より、ワンちゃんの事を第一に考えますね。

 最初はお客様にこの想いが伝わらなかったり、不安だったりしましたが、このスタンスを変える事なく、お店を経営してくると知らず知らずのうちにお客様がファンになってくれていたんです。
本当にいろいろとショックなことがありました(笑)
一番ショックだったのは、従業員に自分の気持ちが伝わってなかったことですかね。
カットに対する情熱がなかったり、ワンちゃんに想いがないようなスタッフがいたんです。
その子は結局辞めてしまったんですが、その子についてたお客様を引き継いだ時、カルテを見てワンちゃんの為になっていないことばかりで本当にショックでしたね。
 
ターニングポイント3 アメリカへ
 「もっと自分自身学ばないといけない!」と思って、勉強する為にアメリカにカットの勉強をしに行きました。
そしてまた生まれ変わりましたね(笑)
ワンちゃんに対する考え方も、「健康の為に何をしたらいいのか?」ということもしっかりとした知識がつきました。
そうなってくると、自分に自信も出てきます。
そのうち、お店のスタッフにもその想いが伝わって、お店が上手くまわるようになりました。

 アメリカに行った時にもう一つの想いが芽生えました。
アメリカでは、トリマーの地位は高く、トリマー=犬の専門家というのが一般の考え方だったんです。
だから、アメリカではワンちゃんの健康の為に、トリマーから知識を買って自分でも活かすということをしていました。
でも日本ってトリマーにただ作業をしてもらうだけで終わりじゃないですか?
それをアメリカで知ったときに、「お店を増やしてワンちゃんをもっと大切にしてくれる人を増やしたいなぁ」と思いました。
そして、お店は「犬を大切にしていってくれる人を増やす入り口」という考え方になりました。
自分だけじゃなくて、みんながワンちゃんに対する正しい知識を持つ事が、本当にワンちゃんの為になるんじゃないか?と思いました!
 
そして今 「ワンちゃんを大切にしたい!」という想いを広めたい
 みんなの憧れになれるようになりたいですね。
そうやって憧れられるようになると、一気に「ワンちゃんを大切にしたい!」という想いが広がっていくと思うから。
 
 過去の自分の様に、ワンちゃんの為に何かしたいけど何をしたらいいのかわからないような人を導いてあげれるような人になりたいですね。
そうやっていけば、「犬は人生に彩りを与えてくれるパートナー」ということをみんな想ってくれて、みんなワンちゃんを大切にしてくれるんじゃないかと想います!
 
この情熱人へのメッセージをお待ちしています!メッセージを送る方は右のボタンからどうぞ! メッセージを送る
 
このページの上へ ホームへ
情熱人一覧
クルー一覧